今朝の河童橋では、綺麗に朝もやが出ていました!

夏の川もやは、暖かい空気が川の冷気などで冷やされて起こります。

朝日が当たった瞬間が綺麗なので「朝もや」の名前で呼ばれることが多いですが、実際には夕方頃から出始めて夜通し見られ、朝日が当たると徐々に消えていきます。

梓川の川もや

もやが出やすい条件は、まずは気温が高い時期。7月後半~8月半ば頃であれば、8割ほどの確率で見られます。

そして雨の直後など湿気が多い時も、もやの量が増えるのでおすすめ。夏は夕立が多いので、これもけっこう確率は高めです。

 

朝もやが見られる場所としては、なんといっても大正池が有名ですね。

河童橋付近では、小梨平キャンプ場内の清水川沿いや、岳沢湿原などがおすすめです。

地図はこちらをどうぞ。

 

穂高連峰

 

今朝の上高地は19℃で、かなり暖かい朝になりました。しかし日中は22℃と、やや肌寒さを感じます。

例年、梅雨明け~8月のお盆明けくらいまでは、朝の気温15℃、日中の気温25℃くらいで推移することが多いです。

ウインドブレーカーなどの上着、日よけの帽子、虫よけグッズなどをご用意のうえお越しください。

さくら

 

★上高地のバードウォッチングはFIVESENSE(ファイブセンス)の早朝コースで!★

★上高地の観光情報は上高地コラム★

本日オススメの服装

  • Array
    Tシャツ
  • Array
    ウィンドブレーカー
  • Array
    帽子
ガイドが教える上高地服装アドバイス