TOP2021-10-01T13:06:29+09:00

私たちネイチャーガイド ファイブセンス(旧称:上高地ナショナルパークガイド)は、
信州上高地のガイドをしています。
自然の不思議を探しながら歩く、ゆったりした時間をご提供します。

①山岳リゾート上高地ガイド

私たちは、標高1,500mの山岳リゾート・上高地をフィールドとする入口のガイドとして、上高地の中でも高低差の少ない散策・トレッキングエリア(大正池明神徳沢)に特化した、上高地で唯一常駐する民間ガイドです。

私たちは“登山ガイド”は致しません。
上高地と毎日向き合い、上高地とともに四季を通して過ごしているからこそ紹介できる見処、綺麗な花だけでなく、上高地に棲む苔、小さな虫、花の種や落ち葉を愛おしく感じてもらいたい。

上高地をもっと好きになってもらえるガイドを目指しています。

ガイドコースについて

②雨の日も安心!貸出品も充実!

景色が見えない雨の日、外に出ないなんてもったいない!
雨降る神秘的な上高地の魅力をガイドいたします。

せっかくの上高地観光、「雨を気にせず万全を期して挑みたい!」という方のために、ガイド参加者限定でmont-bellのGORE-TEX製雨具を無料で貸し出しています。

いろいろな植物やお花だけに限らず、上高地の歴史や上高地で生活しているからこそわかる上高地の秘密など、いろいろなことを話しながら上高地を歩きましょう。

無料貸出品について

③少人数・ゆったりネイチャーガイド

上高地の中でも、高低差の少ないエリアに特化した入口専門のガイドですので、小さなお子様からご年配の方まで安心してご参加いただけます。

また、私たちのガイドは、短時間で知識だけを伝えるガイドではありません。ファイブセンスは、ガイド参加のお客様一人一人にしっかりと目を向け、お客様に自然と向き合っていただくため少人数制ゆっくりペースのガイドとなっております。

④テレビ・雑誌でお馴染み

私たちファイブセンスは、毎年多くのテレビ・雑誌取材を受けております。
『訪れた人みんなに上高地を大好きになってもらいたい』を合言葉に、テレビ・雑誌への出演を通して、一人でも多くの方に上高地について少しでも知っていただきたいと思っています。

また、毎日変わる季節の移ろいを常駐ガイドならではの目線でお届けしています。ブログをはじめ、FacebookTwitterInstagramなどSNSで情報発信を行っておりますので、是非そちらもご覧ください。

本日の上高地&服装

記事一覧はこちらから

Instagramの他、Facebook、Twitterでも
最新情報を配信しているので、是非フォローしてください。

メディア情報

テレビ

※テレビ局によって放送時間が異なりますので、ご注意ください。

ラジオ

雑誌・WEBメディア

ファイブセンス Staff

ネイチャーガイド ファイブセンス(旧称:上高地ナショナルパークガイド)のスタッフをご紹介いたします。
それぞれにガイドネームがありますので、気軽に呼んでください。

山部 茜
山部 茜ガイドネーム:さくら
上高地のことを「何にもないけど何でもある」と言った方がいらっしゃいました。確かに上高地には、コンビニもスーパーもありません。でも美しい風景、たくさんの花や鳥、水の流れや星空など、誰でも何か一つは琴線に触れるような幅広い魅力が溢れています。
我々ガイドの役割はそんな上高地と、来て下さる皆様をつなぐこと。ぜひ私たちを窓口に、上高地の自然と触れ合ってみてください。
梅澤 航太
梅澤 航太ガイドネーム:うめ
上高地で暮らしていると様々なことに驚かされます。4月の入山時期の雪の多さや、そこで暮らす野生動物たちのたくましさ、雪解けで一層増す川の透明度。木々の新緑の美しさや力強く咲く夏の花、冬に向け黄や紅に染まる葉。そびえ立つ穂高連峰の雄大さ。毎日が感動と驚きの連続です。私たちガイドと歩き、上高地での感動と驚きを共有しませんか?
土師 百華
土師 百華ガイドネーム:もも
季節ごとに違った魅力がある上高地。その雄大な自然に囲まれて過ごす中で、毎日新しい発見がありワクワクしています。ただ歩くだけではなく少しだけ立ち止まってみると、普段は見落としてしまうような植物を見つけたり、鳥のさえずりが聞こえてきたりすることがあります。
ぜひ、日常から少し離れて、上高地の自然に包まれてリラックスしていただきたいです。
三谷 潤平
三谷 潤平ガイドネーム:じゅん
上高地に旅行された皆様の目には、決まって壮大な山岳風景が飛び込んでくるでしょう。
穂高連峰に囲まれた上高地は、山から様々な影響を受けます。山を越えてきた雲が降らす雨、暖かい日中に山に駆け上がる風、朝早い時間に望めるモルゲンロート。山の中にいて安心できる場所、それが上高地です。
是非、山々に抱かれた上高地をご一緒に歩きましょう。
Go to Top